月ごとの限度額は少なくしておいたら万全でしょう

通常、カードのひと月の限度額が使用者が普段支払うより多めに設定していると人は余裕があると誤解し必要よりもクレカで決済してしまったりします。

こうしたカード使用の危険をコントロールするため使用できる最高額をできれば少なめに設定しておこう・・・という意見がこの文の主旨となります。

月の利用限度額を引き下げる手順▼使用カードの月の利用限度額を下げておく方法は月ごとの限度額を引き上げる方法と大差なく、すごくシンプルです。

クレジットカードの背面にプリントされているフリーダイヤルにダイヤルして「月の限度額を引き下げたい」と担当者に対して申請するだけです。

通常は現在の月ごとの限度額より少ない上限であれば時間のかかる審査なしでスムーズに設定ができます。

月の限度額を少なくしておくのは防犯とも結びついている◎クレカの月の利用限度額をセーブしておくことは、節約というようなメリットはもちろん被害に遭わないようにすることにもつながります。

もし、財布の中のクレジットカードが第三者に偽造されてしまったような状況でも、あらかじめクレジットカードの利用限度額をきつく設定していればリスクを可能な限り最小限にすることも可能なためです。

強調しておきたいのは、万が一クレカが偽造されてしまったとしてもクレジットカードのユーザーに詐欺に加担するようなことがないなら盗難保険として知られているカード保険があなたをフォローしてくれるわけなので余計な心配は必要ないのですけれど、もしものために、月ごとの限度額は少なくしておいたら万全でしょう。

必要のない利用限度額は百害あって一利なし・・・なのです。

Link

Copyright © 1996 www.visitanimalkrackers.com All Rights Reserved.